ワキガとは?

ワキガ(腋臭症)とは?

そもそもワキガとはなんでしょうか?
これは私も悩んだときに結構真面目に調べました。

わきがとは腋臭症とも呼ばれ、ワキから独特の臭いを発する症状のことです。

ワキガの原因

ワキガというのは基本的に遺伝性の症状です。
父から、母から子に遺伝するものです。

特にワキガというのは優性遺伝ですから、遺伝しやすいものなんです。
父もしくは母どちらかがワキガであれば、50%の確率で遺伝するそうです。

ただ、ワキガというのは病気ではありません。
たまたまアポクリン腺と言われる汗腺がタンパク質や脂質など有機物を多く含んだ汗を分泌します。

その栄養豊富な汗が雑菌と反応することによって、あの独特なすえた臭いが発生します。
アポクリン腺自体は誰しも持っているのですが、量が人によって違います。

遺伝で多い少ないが決まるわけですね。
多いとワキガになり、少ないと無臭というなんとも羨ましい話です。

ワキガの症状

症状としてはご存知の通り、主にワキからにおいを発することです。
他にも部位によってはチチガ、スソワキガなどと言いかえたりしますね。

腋窩以外では、乳輪(チチガ)、外耳道(猫耳)、鼻翼、鼻前庭、臍囲(へそ)、外陰部(スソワキガ)
上記の部位にアポクリン腺が集中しています。

ワキガの診断

実際にニオイがするかどうかというのは自分で判断するのは難しいです。
傾向としては、耳掃除のときに使うのが、耳かきor綿棒でも判断できます。

日本人の大多数は非ワキガなので耳垢は乾燥しています。
そういった方であれば、耳かきで耳掃除ができますね。

ワキガ体質の方だと耳垢が湿っています。症状が強い方だとキャラメル状になることもありますね。

耳垢が診断のワンポイントです。
ただ、耳垢が乾燥していても腋臭症の場合もあります。

耳垢乾燥してるから大丈夫~

と思っていたらアポクリン腺の分布がたまたま耳だけ薄いような状態ですね。

ということで耳垢だけだと診断はできません。

専門機関だとガーゼを使った診断方法もあるそうです。

ワキガの治療

治療方法はいくつかあります。

対症療法

いわゆるニオイに対して対策していく方法になります。

クリアネオなどのデオドラントクリームなどを使う方法ですね。
使い方を間違えなければ、十分効果を発揮します。

ただ、使ったクリームが汗で流れ落ちてしまったりすると効果がなくなってしまいます。
塗り直しは必要不可欠ですね。

持ち歩かなくてはいけないので、それも少しだけ手間ですね。

根治療法

こちらは基本的に手術になります。

有名な治療方法で言えば、 皮膚切除術、皮弁法、小切開法などです。
最近では切らない治療として、ミラドライという方法も広がってきました。

切開するとどうしても治療期間が長引きます。
仕事も忙しいし、なかなか長期的には休めない。

そんな人はミラドライという方法を選ぶ方も多いようです。

ただ、デメリットがあります。
それは保険適用外なので、治療費が高いということです。約30万円くらいにはなるようです。

もう絶対悩みたくないというような方は手術という選択肢も一択ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました